2024年07月04日

梅雨の晴れ間

ブログの更新をサボってしまっていたら、すっかり暑い季節になっていました。😅
いえ、サボっていたつもりは無くて本当に気付いたら日にちが過ぎていたという。。。光陰矢の如し。。
特に大きな事件もなく淡々と過ぎていました。
昨年末に出来なかった大掃除とかしてましたが、結局暑くなってきてしまいまた押入れ荷物整理は保留です。
C5BDABEF-21BB-43F1-95AC-B19BE6D68073

5AACDF92-FC9B-4861-B39E-2FB01BC71B61


とりあえず、春に参加したグループ展の写真を載せます。

このグループ展の最終日に懇親会があって、参加した作家さんやギャラリーの方と話す機会があって、本当なら初対面や大人数の場がすご〜く苦手でだいたい欠席するんですが、今回は頑張って参加してみました。
でも結局、楽しく過ごさせて頂けてありがたかったです。

先月の6月は健康をめざすアート公募展に作品を出品したりしました。四谷三丁目のアートコンプレックスセンターで開催したのですが、他の出品している方々の作品それぞれどれも良くて、ちょっと心に残る作品もいくつかありました。

B3A6C62D-C05A-42BC-AAB8-B2E8F5C52F1D



写真撮ってないので、アートコンプレックスセンターのインスタ写真を載せました笑。右端のが自分の作品。
実際は2つの広い会場にたくさんの作品が並んでました。

今月は高円寺にあるポルトリブレデノーヴォというギャラリーのグループ展に参加予定です。40人以上の作家さんが参加します。
この猛暑の中、あの空間に大量の作品がびっしり並ぶのを想像すると。。。もお暑い。笑。
もはや夏祭りですね。
自分もどんな風に展示されているか見に行きたいと思います。いけるかな。。

4834D60A-9D43-4DB5-977B-C2A4348E74D8
D5EE6DD8-E857-40F9-9DBF-5AA252F24F83


今年も猛暑の夏になりそうで、、恐怖です。
くれぐれも体調に気をつけて過ごしたいですね。

kirinrin713kumiko at 17:22|PermalinkComments(0)展示会の案内 

2024年04月17日

「花まつり」グループ展@銀座ミーツギャラリー

222A21A1-0165-4DF9-A2DF-73B0B50BCBEE

334AC05B-E485-47D7-AA96-67F89421A840



グループ展のご案内です。

「花まつり」-癒し-
【場所】
銀座ミーツギャラリー
【期間】
4月22日月曜〜27日土曜
12時-19時(最終日17時迄)

主催
一般社団法人健康とアートを結ぶ会

こちらのグループ展は初参加になります。
なので、ちょっと緊張しております。
健康とアートをテーマにした活動をされているので、
私もアートが心身への良い影響を与えてくれると思います。今回は花まつりというサブタイトルがあったので植物を意識した作品を出す予定です。
小品3点ほどの出展で、自分はギャラリーには殆ど在廊していないので大変失礼してしまいます。

もし、お近くにお越しの際はお気軽にお立ち寄り頂けたら幸いです。。。

kirinrin713kumiko at 13:12|PermalinkComments(0)

2024年04月14日

春の独り言

1800年代のフランス、ロマン主義の作品で「メデューズ号の筏」という暗くやたら大きな作品がある。学生の頃に行ったルーブル美術館で観た記憶はうっすらあるけれど、美術館にある他の多くの芸術作品群に感動の嵐で、若い学生の自分にはさほど心に残らなかった。
その絵の作者、近代絵画の先駆者と言われるテオドール・ジェリコーの事も殆ど知らなかった。
その画家の半生を描く漫画があるのを知ってなんとなく読んでみた。
1巻で完結なのだけど、読み途中からズキズキと心に刺さる。フランスパリで裕福な家に生まれた美青年のジェリコーは、父親には画家を反対されながらも、ひたすらに芸術と真摯に向き合い、人間の本性を暴き出すような絵を描こうと、あの悲惨で残酷な筏の絵を描く。
作品を描くまでも完成させた後もずっとジェリコーは満たされる事は無くて、いつも自分を責めている、そして鬱病にもなってしまう。。。
最後の章にはドラクロアも出てきて、ジェリコーがドラクロアに大きな影響を与えていた事も漫画には描かれている。
ジェリコーという若い天才画家の荒々しい半生がドラマチックに描かれていて、最後の方は読みながら涙がボロボロ出て止まらなかった。
それにジェリコーを検索して出てきた肖像画もめちゃくちゃ美男!かっこよすぎて、後ろに倒れそうになった。
そんな胸熱な中、朝ごはんを食べながらテレビの日曜美術館を観ていたら福田平八郎の特集。
そして、またもや頭をガーンと石で叩かれるのような、、ショック。ああ、本当に、あくなき芸術への探究心。平八郎が自分の表現を追求し過ぎて神経衰弱にもなる所とかジェリコーと平八郎と重なって、えー!!なんというかまた同じお告げというか、自分の心にどーんと乗っかってきて。胸がいっぱいになり押し潰されそうに。
はたして自分は自身の命を削るほどに努力しているのだろうか?
自分は本当にダメだって責めてしまって猛省で落ち込みそうになった。
けど、けど、それは仕方ないと、私は天才じゃないからと自分に言い聞かせて。己れが生きている事を自分で肯定作業。開き直りというのかな、そうじゃなきゃ絵なんて描けない。天才じゃないのに絵を描いてるなんて意味があるなだろうか、滑稽。
哀れで罪深いだけだから。
でも芸術への崇高な気持ちを少しでも想いながら、原点回帰しながら、制作していきたい。沢山の雑念や、つまらない事でクヨクヨしたり迷うけれど、芸術への憧憬を持ちながら、描くことはやめないで生きていきたい。



3F149B88-AE41-4773-BCDA-B5AC964DB627


0ED41BE2-8EC1-4B19-9AD6-4A3569B400F3


kirinrin713kumiko at 19:03|PermalinkComments(0)無題