2022年08月26日

ファミリーミュージカル

1191A3F6-B60F-415D-8F45-8B1DED8F7124



絵と関係無い話です。

幼少の頃に、初めて見た劇団四季は新宿でテント劇場のキャッツ。そこからミュージカルやお芝居が好きになり、学生時代は小劇団、大人になったら歌舞伎にハマり。そんな自分なので子どもにも小さな頃から劇団プークの人形劇やら機関車トーマスのミュージカル、子ども向けの着ぐるみお芝居と、なにかと観劇をしています。
去年の春にライオンキングで劇団四季デビューも出来たので、夏も何か観たい!もとい、観せたい。いえ本心を言えば単に自分が行きたい。
それで先日、自由劇場のファミリーミュージカル「人間になりたがった猫」の公演のチケットを取り、観に行ってきました。


6CB59F8C-0A45-4A82-8447-0B37B60761E4

自由劇場、竹芝にあって、初めて行ったのですが、想像とは違い、なんとも趣きがあって、昔の海外の街にある小さな劇場のような、夢ある素敵な空間に「おっ!」と驚き、テンション上がり。
で、見渡すとロビーが、あれ?お客さんが大人ばかり。。。?夏休みだし、ファミリーミュージカルなので、子どもがワイワイ居るのかと思いきや。。、あれ??大人女子率高く。。。



F87FA6DF-DED6-4EF3-9263-104A3DAD02F7

ちょっと心配になりつつ、開幕してすぐに分かりました。
主役の猫、かっこいいんだな、オーラ有り、光ってる。うーむ。なるほど。。そして、しまったー!と心で叫びました。
周りのお客様たちの舞台にかける熱量と違いすぎる!!誰もが小さな猫の人形を手にしていて静かなのに、何か、凄い見えない熱気が。。。眼差しがlove。。。
心配していた通り、開演中、ウチの子はモゾモゾし出して、静かなシーンに限って「あれ、魔法じゃないよ着替えてるよー」とか言うし。
とりあえず、自分の子どもにシーーー!!って何回言ったか。その度に、冷や汗ですよ。
主役の人がめちゃくちゃ良い歌を歌うシーンとか、あくびするし。お願いだからじっと静かにしてくれ〜。と念じてばかりで舞台に集中できなかったです。それでも、やっぱり凄く感動しました。劇団四季もちょっとエンターテイメント性が強くてトリッキーな演目が多くて、華やかだけど、私としてはシンプルなミュージカルの方か良いな!加藤さんが出てた「クレジーフォーユー」とか大好きだったので、歌とダンスで魅せる明るいミュージカルがやはり好きだなぁ。
今回観た「人間になりたがった猫」のメインキャストの皆様がうまかったです。ライオネルという役柄が魅力的なのですが、ピッタリの役者さん。可愛いしカッコいい。
スワガード役の方も安心感の上手さ!多分、ガストンとかアラジンとか適任で劇団からしたら手放せない存在でしょうか。
昔々、山口祐一郎さんのファントムに涙していたけど、もはや詳しくは四季の看板役者さんのお名前は分からないです。でもこの先も脈々と劇団四季のレベルの高さが続いていくと良いですね。
帰り道、子どもに、「面白かったね」と言ったら「でもちょっとセリフしくじってるシーン、あったよね」とか言って急に厳しいぞ!?笑。君、大先生か?!とツッコミそうになりました。
273BA5E1-BE3B-4E48-8129-5903D64F119C


kirinrin713kumiko at 16:19|PermalinkComments(0)無題 

2022年08月15日

T-BOXでのグループ展終わりました。

F2D47FDD-DC2E-41D3-BAB6-E0A76E46261A


またもやブログを書けないまま日にちが過ぎてしまいました。先月末に参加していた八重洲のT-BOXでのグループ展の事も今更ですが。。。写真撮ったので。

14AF61F6-ADE2-4976-A952-77D1878158C4



E425A4C9-7BEA-430C-8B5C-27AAD49D5570



8EED6263-3F4A-4581-802F-CEEC0BAC355D


今回、自分は具象画の小さな作品を数枚、展示しました。
他の作家さん達も個性的な物が多くて見ていて楽しかったです。
ただ、猛暑とコロナの猛威が重なって、さすがにご来場のお客様もいつもより少なかったようです。
それでも、来てくださってる方もいますのでありがたいです。
展示してみて、分かる事も多いので何事も勉強だなぁ、、、と思います。

それにしても今年の東京の夏はやっぱり暑くて暑くて。ぼわーと、朦朧としますね。
夢を言うなら、夏の間は涼しい緑多い高原とかに、こもっていたい。朝日と共に起きて日々スケッチとかしながら。。。温泉もあればなお最高。
そんな事を現実に叶えてる方もきっと居る事でしょう。ハァ!羨ましいもんです。


子供に夏休みの思い出を作らねばならないという、重責を担っていますので、暑い中、あちらこちらと出かけています。
先日は涼しそうと言う理由でお台場のチームラボボーダレスを遅ればせながら行きました。
お台場は今月末で閉館との事で駆け込みのお客さんが多く混んでます。なので、朝一番に予約してみました。
29EC6F5C-05E4-49D5-AF07-2A3CF369E74A


館内はほとんど暗いです。そして、迷子になります。というか、迷子になって探索するというのがコンセプトなので、時間は3時間くらいかかりました。
音と光とポップな画像の世界で、夢の中が現実に有ると言うかんじ。

40FB138B-3B48-4A13-A391-9F8113211C58


それにしても、写真が綺麗に撮れてる物が全然ない!!自分下手くそすぎる。。。。
きっと上手な方が撮れば本当に素敵な映え写真だらけでしょう。
そんなところです。写真を撮れる迫力満点なデジタルアート。です。
これは外国人が日本に来たら連れて行ったら喜ぶと思います。モチーフが和風なのです。現代ジャポニズム。

子供が沢山参加していた運動の森という場所は、自分で絵を描くスペースが有り、そのオリジナルの絵をグッズにしてくれるサービスがあります。
沢山の人が一生懸命絵を描いてました。
そこだけはアナログなほのぼのした世界。
散々、最先端のデジタルアートを体感しましたが、結局アナログの使い古されたクレヨンで絵を描く方が子どもも、楽しそうでした。
その時が1番生き生きとして、
描いていました。
ちょっとウチの子には暗いし圧倒されていて楽しい感じでは無かったようです。ずっと出口どこーって言ってました。小さな子で泣き叫んでる子もいて、行く時は自分の子供の好みや性質を考慮した方が良さそうです。
という訳で、
ヘビの絵を描き、それをもとにトートバックにデザインしてもらいました。
image


夏はまだ続く。。。私の体力もつかなぁ。

kirinrin713kumiko at 17:33|PermalinkComments(0)無題 

2022年07月20日

夏のグループ展のご案内@T-BOX八重洲

8A826CA8-76F4-4003-AA03-575665EA0FD3


今年もT-BOXでの夏のグループ展示会にお声かけ頂いたので、参加する事になりました。

今回のテーマは「こんなのを創っていました」
ギャラリーのオーナー曰く、長いコロナ禍の中で作家達がいつもの制作とは少し違う物を創っていたのでは?という視点みたいです。

確かに私は最近はずっと抽象画の平面絵画を描いていますが、時々、小さな絵をチマチマと描きたくなる衝動があって、そんな時は具象のちゃんと形がある物をモチーフにして描きます。
蛤もまだあるので、蛤に描いたり。
小さな石膏下地に、古典技法の金地テンペラ画で、描くのは静かな気持ちになれます。
でも、今回も少し遊び心というか、楽しんで作った作品を展示販売することにしました。

抽象と具象画を両方描いているのは、本来なら良くないんじゃ無いか?といつも、ずーっと考えるのですが、
やはり、今のところ、両方を制作しているのが自分の精神のバランスとしては良さそうです。

二重人格??みたいな?感じでしょうか。
モードが変わる時があって、自分ではそれを意識的に出来ないので、本当に感覚的なものです。


とりあえず、猛暑の中、このグループ展も無事に出来ることを祈りつつ、最後の仕上げ作業をこれから描きますー。

kirinrin713kumiko at 09:10|PermalinkComments(0)展示会の案内