2024年03月25日

リア王@池袋芸術劇場プレイハウス

*絵と関係ない話しです。

FEB9CB6B-A2EF-4BF5-ABED-F5C7FB900EBC


シェイクスピアの舞台作品は多分今までの人生の中で何かしら観ているのだけど、映画やどっかの劇団の何か。。。「夏の夜の夢」とか「マクベス」?「ハムレット」?ちゃんと覚えてない。多分、400年前のイギリス人の戯曲に10代20代頃の日本人の私には何にも共感点や共通項、引っかかる所が無くて。。。ただただ異国特有の情熱的な世界をぼんやりと観ていた記憶。

歳を重ねて観たシェイクスピアのリア王は今迄の感想とは少しばかり違っていました。
幕が開くと、びっくりするくらい何も無い舞台。かろうじてある会議室にあるような椅子数個、オフィスにあるようなコピー機、ウォーターサーバー。
天井のライトも会社の長い電灯を思わせる電気が並んでいて。演技中にそれがランダムに光る。リア王の心情とリンクして光ったりして、なぜか不気味で怖い。
一幕目はずっと真っ白な紙が背景に壁のように貼ってあって、それにマジックで時々役者が文字などを書き殴る。
シェイクスピアのイメージとはかけ離れたセット。リア王からイメージする舞台セットや衣装はなく、本当に簡素。大会社の会長とリア王を重ねているのかな?と思ったけど、内容は少しも現代にアレンジされてないので、セリフと見ている舞台との違和感に初めは戸惑いました。そのうち、覆い被さるような怒涛のセリフの数々に観客は皆んな飲み込まれてる感じで、シーンと、誰も微動だにせず。飾りの少ないセットや衣装。
その分、役者の声や表情や身振り、セリフの言葉一つ一つに客は集中できる。
だからこそのものすごい緊張感。
失敗出来ない感じ
誤魔化せない感じ。
でもこんなにもセリフが美しい舞台は久々かもしれない。
まさにシェイクスピアだなぁ〜。日本人の普通の感覚では絶対使わない言い回し。
それが白々しくならないのは役者の力量がないとダメなのだけれど、本当に役者が凄い。皆んな上手い。陳腐な言葉しか出ないけどリア王の段田安則さん上手いのね。生で初めて見ました。声も動きも、目の表情が凄い。わざとらしい感じやねちっこい演技じゃないのに、魅せれるっていうのは良い。大河ドラマよりやっぱり舞台の方がいいな。
江川のりこさんもTVで観ていて全然良いと思った事なかったんですけど、舞台の江川さんは素敵でした。竹を割ったようという言葉があるけど、そんな印象。スパーンって感じ。他の役も見てみたい。
パンフレット買ってないので自分の感想が的外れかもしれないけど、最後のコーデリアが父を想い、父がコーデリアを思うラストには涙がでました。
上白石萌歌さんが綺麗な涙をポロポロ流してるのを見たらもらい泣きしてしまった。
最後、たくさんの人が死んでしまうし、しかも死体が全員立ってるし、ひたすら重たい内容なのですが、、、ザ・演劇を見たなーと、心が満腹になりました。
今後の人生で時々は観ていきたいですね、シェイクスピア作品の舞台。

image


kirinrin713kumiko at 15:24|PermalinkComments(0)

2024年03月21日

「イタリアからの風2024」@點燈夫ギャラリー. そごう千葉店

AA54A1C9-1A45-4DA5-90C2-5F3C6776F85A


567FD033-80F8-45D9-91A4-F1D61502C9DC


現在、千葉駅前にあるそごう千葉店の9階、點燈夫ギャラリーにてベネチアンガラス作家の森藤益一さんと2人展を開催中です。
今年で3回目となりました。
森藤さんもイタリアのベネチア、ムラーノ島に修行留学されていて、私は時は違いますがフィレンツェにてテンペラ画の留学をしていたので、イタリア繋がりでギャラリーのオーナーさんが企画してくださっています。
自分はガラスの知識は無いので、この2人展をやる度に色々とガラスのアレコレを知れて面白いです。

ベネチアに行った時にヴァポレットという船で離島に渡たるのですが、海の色が本当にガラスのようにキラキラしていて、夕焼けで反射する海面の輝きが胸に迫ってきて。。。ああ、だからベネチアでガラスが盛んになったのね!なんて勝手に思い込みました。多分違うと思いますが。

自分はこちらの2人展では古典技法の金地テンペラ画で具象の作品を出しています。
一年前から少しづつ準備していましたが、今回は動物の絵は無くて、天使が多めになりました。
今はすでに来年に向けてどうしようかと考え中です。
あ、でも、企画してもらえるかどうか分からないっっっっ。。出来ると良いのですが。。。
テンペラ画の具象を描くときは、必ずテーマにしている事は「お守り」です。
何か心の拠り所になるような、少しでも日々のお守りになれるような、そんな作品を作れたらと思います。
というか、自分が絵を描いて心を落ち着けているのかもしれません。
元旦の大地震後は天使ばかり描いていました。
色々な願いを込めて。




kirinrin713kumiko at 19:26|PermalinkComments(0)展示会の案内 

2024年03月03日

「夢のイストワール展vol8」@O美術館と2月の独り言

F8390285-3174-48CC-81F5-BEB221C495F5


3月1日から6日水曜日まで、JR大崎駅から直ぐのO美術館にて「夢のイストワール展part8」を開催中です。
先日、無事に搬入作業をしてきました。
DF8E6243-73CC-4935-87FA-670A099696E9

FA31E9CD-1DC6-49DB-B6DF-3D45FB84DE41


総勢62人ほどの作家の作品が並びます。皆さんそれぞれ大きな作品の方もいれば小さな作品をたくさん飾る方もいて、立体もあるし、ガラスや写真など様々です。
本当に色々な作品が観れるので、お客様は楽しいかもしれません。
私は今回で5回目の参加なのに、知人が殆ど居ないという。。。笑。以前から友人の女の子の作家さんくらいなもので、参加者だった自分の知人が1人抜けまた1人抜け、とメンバーも変わってきています。

私は人が沢山居る場所があまり得意ではないので、搬入もささっと終えて、仕事場に戻りました。
でも、どの作品も完成度が凄くて、世界がしっかり持っていて、見応えあります。
モチーフや絵肌も勉強になりました。自分の作品が1番地味かもしれません。。。笑
私ももっと画材研究しながら新しい表現ができるよう、頑張らねばと思いました。

ところで、話は全然変わって。。。
もう、3月ですが、、2月の観劇の想い出。
2月は制作に追われている上にインフルエンザという猛威に親子でやられて、なんだか、色々と辛かったのですが、そんな隙間の1日に、新橋演舞場でやっているスーパー歌舞伎の「ヤマトタケル」を観劇しに行きました。
到着して正面入り口の看板を撮ろうと携帯向けたのですが、画面に光が凄い入ってきて真っ白に。
あ、猿翁さんが降りて観に来てる??!って、直感で。見守ってるのでしょうかね。
80C65D20-92EA-4F8D-BAC9-BC2C2F4AE930

たまたま、なぜか、最前列の端っこ席のチケットが取れて、目の前がツケの黒子さんで妙な臨場感を味わいました。(ツケは舞台上手の端、役者の動きに合わせて板に木を打ち付けて出す効果音で、動作や足音、物音を強調する役目)
思わず黒子さん目線になったりして、いつもと違う感覚で面白かったです。
169E5B51-2DEE-4D32-AAB7-7711D062EB56

スーパー歌舞伎といえば澤瀉屋さん、と言えば。亀さん。。いや亀さんじゃなくて、猿之助だった訳ですが、私にとってはずっと亀ジロー、本当に何やってんだよぉぉ涙。。でもこの件は思う所多すぎるので、書ききれないのでやめます。
主役は團子さん。多分、團子さんは天才かなと思いました。こんな20歳の男の子がいるんだ、と。
手が、手先から風が出てるっていうか、オーラ?自分の語彙が乏しくて嫌になりますが、ヤマトタケルの気品が滲み出てるし、声も透明だし、なんでしょう。。。ちょっと危うさもあり、真っ白な純白を彷彿させられて、、、天才かなやっぱり。
ラストは涙ボロボロで感動と高揚で胸一杯。
色々な、沢山の人の想いみたいなのがいっぱい詰まっている舞台でした。観る人にとっても、演じる人々にとっても。
なんとか奇跡的に観れて本当に良かった。




kirinrin713kumiko at 17:37|PermalinkComments(0)