2022年03月19日

夢のイストワール展Part7@O美術館 大崎

グループ展のご案内です。
B657D72D-4E17-4547-AC8B-49BF45B35E37

先日、小雨降る中、JR大崎駅から直結するO美術館に搬入作業に行ってきました。

「夢のイストワール展Part7」は様々な技法で沢山の作家さん達が作品を展示しております。搬入場はかなり、カオス。笑
でも久々に再会できた友人の画家さんがフランス人の旦那様を連れて搬入に来ていて、ハッピーな気持ちになりました。
展示中は私は22日の午前に受付当番をします。
それ以外は不在なので、大変失礼してしまいますが、お近くにお越しの際はお立ち寄り頂けたら幸いです。
A89D8B8B-7059-4A6E-AE94-70A534972803


「夢のイストワール展Part7」
会場
O美術館大崎駅から直結徒歩2分
期間
3月18日から23日
最終日は午後3時迄

この先の文章は私のボヤキなのでスルーしてください!

この搬入作業が終わった後、午後には自分の子供の小学校に行きました。
前日に先生から電話あり、子供がお友達とトラブルがあり、その親御さんが怒っていて私に話したいと。。。
もお、寝耳に水で頭真っ白に。でも、その相手の子と時々喧嘩してるみたいだなと分かっていました。でも子供の喧嘩というか、足に擦り傷して絆創膏して帰宅してきても、そんなに私は気にしていませんでした。
それは子供本人が相手の事を悪く言う事も無くて、仲良しだと言っていたので。兄弟喧嘩?みたいなのかと。
それが、相手の親子は違っていた訳です。
私の子は、お喋りが得意ではなくて、ほとんど話しませんが、相手の子はどうやら事細かに毎日、自分が嫌だだだ事を話していたようで。子供なので多分相手が悪くて自分は正しいという話です。
そして母親がついに爆発。
担任の先生もまさか、こんな子供同士の戯れあいで、怒るとは思ってなかったのか。戦いごっこ?の延長だと思っていたようです。
でも、もう、自分の子供がいじめられていると言う妄想と私の子が暴力的という決めつけはどんな言葉も聞き入れず、結局、先生を交えて相手の親子とウチの親子で話し合いに。
私は色々言いたいこともあったけど、もう、ダメだと思ったので、とりあえずずっと謝ってました。
謝っているうちに、涙が止まらなくなって、泣きながらの平謝り。。。それでも相手は怒ってました。
怖かった。。。担任の先生はベテランで優しい先生ですが、絶対顔にはパンチしてないと言うウチの子の言い分は最終的にはグーにした手がもしかしたらちょっと相手の顔に当たったかも、という事にされて、相手の親の前で謝らさせ。
そして仲良くするよう指切りさせられました。
でも、気が合わないのに、仲良くするなんて、大人でもしんどいのに、子供には難しいですよね。
相手の子は言葉が凄く達者で、かたやウチの子はあまり言葉がうまく言えない子で。
意地悪を言われたりすると言い返せずに手が出てしまう。そして、先生にもうまく、その事を説明出来ずで。
もちろん、叩いたりするのは絶対いけない事で、これはもう、絶対だめだと思いますが、嫌な言葉もそれと同じくらい心を傷つけますよね。
しかも言葉は見えないから、先生も気づきづらいし。

自分の人生で人と争いになる事ってそんなに無くて、うまく逃げてきたように思います。
でもこんないい歳になって、よく知らない親子に泣きながら謝る事になるとは。。。人生色々あるなぁって。私は眠れない日が続いていて、しんどいですが、子供の方がショックが大きいように感じます。
色々、注意深く考えて色々頑張らねばと。。。思います。


kirinrin713kumiko at 18:14|PermalinkComments(2)

2022年03月07日

ピカレスクギャラリーにてグループ展

春の温泉×抽象画100人展
に参加しております!

東京のアートギャラリー
Picaresque (ピカレスク)

電話|070-5273-9561
住所|〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-54-7

HP|https://picaresquejpn.com/


【出展作品一覧】
春の温泉×抽象画100人展
https://picaresquejpn.com/harunoonsen100ninnten_2022_001/

※オンライン購入申し込み受付は、2022年3月6日20時スタート

https://picaresquejpn.com/harunoonsen100ninnten_2022_001/


このグループ展には抽象的な紙の作品を出展しております。
温泉がテーマです。
温泉と聞いて地球の恵み、大地や自然からの恩恵が浮かびました。

宜しかったらホームページからも作品が見れますので、他の方を含め、ご覧頂けたら幸いです。

08349B1E-E676-47EE-A6C0-E93933B8D750


kirinrin713kumiko at 19:52|PermalinkComments(0)展示会の案内 

2022年03月06日

「イタリアからの風」2人展@そごう千葉店點燈夫ギャラリー

BC55C3CF-4BBC-4667-B7BD-93E5854FAC0F


現在、千葉駅前、そごう百貨店の9階點燈夫ギャラリーにてベネチアンガラスの作家、森藤益一さんと2人展を開催中です。

私は古典技法の金地テンペラ画で干支にちなんだ生き物シリーズの小品と天使作品などを展示しております。
干支をモチーフにお守りのような作品を作れたらなぁと思って、守り本尊??と言ったら大袈裟ですが、そんな思いを込めました。
イタリア繋がりで點燈夫ギャラリーのオーナーさんが企画して頂きましたが、とても合っていると好評で良かったです。
私自身も以前から漠然と立体の作品と一緒に展示したらどうかなあと、思っていました。

C9FE93E0-A164-4E2B-91F1-10B72CE8CA24


会期は3月21日月曜日まで。
場所
そごう千葉店
9階點燈夫ギャラリー

お近くにお越しの際はお立ち寄り頂けたら幸いです。

そして、偶然な繋がりですが、友人の備前焼の窯元さんである木村さんの作品がすぐ隣のお店に常設されていて、お店の店員さんに木村さんのお知り合いですか?と声をかけられました笑

こちらのお店も桐箪笥と備前焼が上品にマッチしていて素敵でした。

E3C28838-33A1-4001-AFEB-8A89E9E7DE43


kirinrin713kumiko at 17:33|PermalinkComments(0)展示会の案内