3月の冷たい雨友人のグループ展案内

2011年03月24日

いま、思うのは

イメージ 1

イタリアやアメリカ、ドイツ、マレーシアの友人から今回の震災以来、お見舞いのメールを頂きます。その中に「あなたの町はFUKUSHIMAに近いの?放射能はきてるの?」とありました。
こんな形で福島県が世界中に知られる地名になってしまったのは本当に悲しい事です。
私はいつも「日本は今、全力を尽くしています!私達はどんな困難にも負けません。」というような内容を、少々の強がりと意地を込め、稚拙な外国語で返信をしています。
沢山のニュースが行き交い、不安と混乱とで心を乱している人は少なく無いです。恐怖を増長させる情報ほど人間は耳を傾けます。
関東から離れ西に退避される方々もいます。でも、小さな子供がいても原発に近くても、避難が出来ない人達も沢山いるのです。
どんな場所にいようとも、今はきちんとした情報を得て、過剰に反応するのではなく、冷静に判断し生活する必要があります。
そのうえで、出来る限りの事をし、一生懸命生きていくしかないのです。
私が言うまでもない、当たり前の事ですが…。

kirinrin713kumiko at 23:16│Comments(0)無題 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
3月の冷たい雨友人のグループ展案内