花を回向院

2011年11月27日

ゴロ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

我が家のお犬が、13歳で去年の秋に亡くなり、両国にある回向院というお寺で葬って頂き、一年間だけお骨を納骨堂に置いてもらっていたのですが、そろそろ期限が来たとの事で、永代供養にしてもらいました。

寂しい気持は、1年たっても癒える事はなく。時がたてば、少しづつ忘れていくのかと思っていました。それは全く違っていて 時間に反して、想い出と共に、ゴロへの愛執は増すばかり。
ほんとうに居なくなるって、こういう事なのですね。

もう一度だけ、あの柔らかくて温かい頭を撫でたい、あの優しい瞳に会いたい、です。

kirinrin713kumiko at 21:48│無題 
花を回向院