続 京の旅和の夜

2012年09月23日

追記

京都で参加した展示会のGallery黎Biginは今年の春にオープンしたばかりです。私も知人からの紹介でしたので、画廊オーナーとは搬出の際に初めてお会いしました。
外観は真っ白な蔵ですが、小さな入口をくぐると、内部は広くてモダンです。

イメージ 4

イメージ 1


カフェスペースには作家物の雑貨も売っています。

イメージ 2


2階が展示スペースなのですが、ノロマな私が搬出に伺った時には、ほとんど撤去済みで、展示風景は写真に撮れなかったです(^_^;)すみません。

イメージ 3

オーナーさんのご両親は洋画の画家さんだったそうです。
特にお父様は画壇や教育の場で、ご活躍されたそうで、子供の頃はお父様のアトリエが遊び場だったとのこと。
京都のような、街全体が芸術作品みたいな街で生活し、親が絵描きの環境で育つって、どんな感じなのでしょう…。
旦那さまは彫刻家さんで、9月29日から10月14日まで京都府立植物園にて、野外彫刻展というのに参加されるそうです。その作品は中心街に流れる高瀬川の中にも展示されるそうで、素敵だなあ、と思いました。
高瀬川はこんな綺麗な小川。左に見えるのはキルフェボン。

イメージ 5

思わず入店、食べてしまった(⌒-⌒; )
東京じゃ行かないのにね。

イメージ 6


他の作家さんも、多分同じだと思いますが、展示が目的で訪れた土地で、出会う人との縁やご厚意が、本当に有難いなぁと感じます。それは、制作への糧とパワーを貰える、感謝感謝な旅なのです。

kirinrin713kumiko at 21:13│Comments(0)無題 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
続 京の旅和の夜