Firenze16-1Firenze17

2013年06月04日

Firenze16-2

食の話題の続き。
今、滞在している所ではTeresaさんという年配の婦人が夕飯を用意してくれます。カラブリア出身ですが、ちゃんとトスカーナ名物を食べさせたいと、意識して作ってくれます。

イメージ 5


家庭でも、レストランみたいにPrimoPiatto(第一皿)SecondPiatto(第二の皿)と順番に出てきますので、お母さんは大変だと思います。
大皿料理を分ける風習は無く、大きなピザも一人で一枚食べちゃいます。

イメージ 6

イメージ 7

これはある日、生地からピザを作ってくれましたが、「これ全部貴方の分だからね~」と言われました、え、そ、それはちょっと大き過ぎかと。f^_^;)



Primoはだいたいがパスタやリゾット、スープ料理のことで、いきなり炭水化物です。

イメージ 1

イメージ 4

イメージ 9

パスタの形も小さい車輪みたいだったり、ネジみたいだったりと、形態も様々。


その後にサラダとSecond(第二の皿)は肉とか魚料理です。

イメージ 2

豚肉のロースト

イメージ 3

ポテトと鳥肉のロースト
フィレンツェは山に囲まれた場所なので海産物の名物料理は無いです。
もちろん、今はスーパーでも魚は売っていて食べるようですが。
私が見ている限りだと、Baccala(乾燥した塩漬けのタラ)は良く市場で売っているのを見ました。あとTonno(ツナ缶詰)をよく使います。

レストランとかだと
最初にAntipasto(前菜)とか最後にDorce(デサート)とか食後酒がつくのでしょうね。かなり、ボリューム有りです。そして、必ず一つ一つ出ます。味が混ざるのが嫌なのかもですね。私的にはデザートを食べるならば、コーヒーと一緒が良いのですが、必ずDorceが食べ終わってからカフェです。
一つ一つの味を楽しむのだそうです。
ならば、日本のチャンコ鍋とかは皆でつっつくし、ごちゃ混ぜだし、きっと個人主義のイタリア人には嫌かもですね。

あと、食後にはカプチーノやカフェラテは絶対飲みません。牛乳は胃に重たいからだそうで。

以前、Teresaさんのお家に滞在していたという、メキシコ人のMariannaが遊びに来て一緒のご飯をした時に、イタリアで9キロ体重が増えたと言っていました。ひゃぁ~、私も増えてるはず、測ってないけど。帰国が恐ろしい。

イメージ 8


留学時は自炊でしたので、スーパーには良く行きました。

イメージ 12



フィレンツェにはEsselungaとかCONADとかCoopとかStandaとか色々なスーパーがあってそれぞれ特色があるみたいですね。

イメージ 10

イメージ 11


Coopはちょっと郊外に行くと、駐車場もあってかなり巨大です。店内には驚くほどのチーズやワインやパスタやオリーブオイルなど、種類が沢山あって、種類豊富過ぎて目が回りよく分かりません。


イタリア料理は奥が深いので、ちょっと興味を持って勉強したら面白いのでしょうね。

イメージ 13

フィレンツェ人は皆大好きな麗しのポルチーニ。

kirinrin713kumiko at 15:44│Comments(0)イタ話 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Firenze16-1Firenze17