昨日は搬入アトリエの掃除

2014年07月30日

マリンバ演奏とのコラボレーション展

イメージ 7

先週の土曜、日曜の2日間、四谷の絵本塾ホールにて、マリンバ演奏と絵のコラボレーション展というイベントを無事に終えました。
凄く濃厚な2日間で、ホッとしたのか、どばっと疲れが出て、、今はグッタリ。

多分、普段の展示とは違うことが多くて、緊張していたみたいです。

会場の壁に六名の作家さんの作品が展示してあり、昼間は自由に観れます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


前方にはスクリーンとマリンバがセッティングされていて、夕方のコンサートの時間になると、客席が設置されます。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

2日間ともコンサートは満員御礼でした。


今回、お話を頂いてから30点ほどの自分の作品写真を吉岡さんに送りました。その中から吉岡さんがメロディの浮かんだ作品を選び、作曲をしてくれました。8点選ばれまして、作品と同じタイトルの曲が8曲作られました。

イメージ 8

イメージ 10


今回も抽象画で小品ばかりです。

でも、マリンバの音楽が幻想的で素敵でした。

コンサートでは作家さん一人一人が順番に紹介されて、作品がスクリーンに映し出されながら、マリンバ演奏となります。
演奏の前には作家が前に出て、舞台で自分の作品について語るというのもありました。

イメージ 9

これが、本当にドキドキで、久々に心臓が口から出そうで。
普通の絵の展示ではあり得ないシチュエーション。
多勢の人が一斉に自分の作品(スクリーンに映った物とはいえ)を観ていて、その場に自分もジッとして居る、という初めての体験をしました。
なんだか、変な汗がジワジワ。
映画監督が自作の作品を試写会する時ってこんな感じ?いや、もっとシビアだし、もっと緊張するのかもしれませんね。
でも、本当に観て頂いた後のお客様の反応に一喜一憂でした。

今回の展示は自分としては、とても嬉しい経験でした。
何というか、新しい扉を開けたような?感じです。
作品に曲がつくと、自分では思ってもみなかった世界がまた広がった気がしました。
新鮮な感動です。

でも、もっと頑張らないといけないと思いました。自分の作品の甘さも痛感し、凹みましたので、今回は色々と勉強になりました。

今回のコラボレーションを形にして残したいのですが、なかなか難しいようです。
でも、自分の中で、はっきりはしませんが、モヤモヤとまた新しい目標というか夢?が湧いたので、良かったです。

ひとまず、慌ただしい七月が終ります。ふぅ。。。
八月はおとなしく制作と図書館通いとアトリエの掃除をしたいな、、、と思います。

kirinrin713kumiko at 21:35│Comments(0)展示会の案内 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
昨日は搬入アトリエの掃除