新美術新聞浜松の旅、続き

2016年03月23日

「ドイツからのTEGAMI5年目」展@浜松

静岡県浜松市で開催していたグループ展示会が、20日に無事に最終日を迎えることができました。
私も思い切って浜松まで行ってきました。
花粉症と風邪がミックスした最悪なコンディションのなか、新幹線「こだま」にて東京から浜松駅まで二時間。
駅前は想像していたよりかなり都会で栄えていました(浜松の人ごめんなさい)。
駅から徒歩10分?15分くらい歩くと、鴨江アートセンターに到着します。
イメージ 1
中に入ると正面玄関では別のワークショップ?のようなことをしていて色々な催し物に使用されているようです。
イメージ 2
私たちの展示は一階の左側の部屋でした。
 
イメージ 3
イメージ 4
他の作家さんの作品がとても良くて、刺激になりました。
ちなみに私の作品は平面の二枚です。
イメージ 5
テンペラ絵の具で描いています。
タイトルが思いつかなくて、今回は言葉をそえました。
イメージ 6
 
今回もいろいろな方に助けられて参加できました。とても良かったです。
浜松の旅記事はパート2に続きます。
 
 
 
 
 


kirinrin713kumiko at 22:38│Comments(0)展示会の案内 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
新美術新聞浜松の旅、続き