「ドイツからのTEGAMI5年目」展@浜松もうすぐ3月も終わり

2016年03月25日

浜松の旅、続き

 
前回の記事の続きです。
5年前のこのプロジェクトの際に集まった作家さんたちの絵(手紙)も展示されました。
イメージ 1
 
ハガキサイズにそれぞれ、あの時に感じたままに描かかれた作品が
ならびます。
全部は飾りきれなかったみたいで一部の作品が並べられていました。
私にとって今回の展示会は再びあの震災を思い出しいろいろと、考える良いきっかけにもなりました。
 
会場の受付や実行委員をされている方々に感謝とお礼を言って会場をあとにしました。
 
ここから絵とは関係ない話になりますが。。。。
浜松まできたのだから、アレを食べねば!と風邪ひきでも食欲はある自分。
ガイドブックで見つけた駅近くの「八百徳」というお店へ。
イメージ 2
 
そうです、アレとは鰻です。
なんの説明もいらないですよね。柔らかで美味しかったです==。
 
浜松市は徳川家康天下統一の礎を築いたお城があるため、出世の街ということらしいです。
ご利益?があるいとのことで浜松城も見てきました。
イメージ 3
桜は咲いてなかったのですが、それでも結構混んでました。
そして、せかっくならばと浜名湖まで足をのばしました。
バスで40分。
イメージ 4
知らなかったのですが、浜名湖周辺は遊園地や動物園やフラワーパーク、温泉の宿泊施設もずらーっとならび、にぎやかなリゾート地でした。
静岡ってひろいですね笑
ひとまず、無事に展示も終わり良かったです。
色々な場所で展示するのは昔から好きで、展示にあわせて旅をするのはリフレッシュできて楽しいです。
(またどこかでそんな縁があればよいな。。。)


kirinrin713kumiko at 21:50│Comments(0)無題 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「ドイツからのTEGAMI5年目」展@浜松もうすぐ3月も終わり