展示中@八重洲T-BOXギャラリー今年もあとすこし

2021年12月23日

独り言

もう10年?15年以上前、友人と東京から少し離れた山にハイキングに行った。遊歩道から少し奥に入った所で倒れている男性が目に飛び込み、大丈夫ですか!?と近寄ると手元に大きな包丁。目をつむったまま、その男性は近寄るな!と力ない声で言い放ちフラフラと歩き出し、私達はえ??え??と動揺。そのまま男性は川の方へ。あ、これはまずい!と震えながら携帯で警察に電話。あっという間に警察と救急車が到着。ババっと来てその男性を連れて行ってしまった。
呆然としてる私達の側にいつのまにか地元の人か数人いて。。。よくあるんだよ、この場所と。。。
あの時の事は今でもはっきり思い出し、今まで誰にも話せずいた。その友人ともその後その話は一切しなかった。

その日の帰り道、友人が肉体の寿命と同じように心の寿命があるんじゃないかな、とポツリと言った。その言葉が私の心臓にくっきり残っている。
本当にそうなのかな?と時々思い出しながら。

絵の世界で、人は見た時に分からない物を嫌う傾向がある。意味を知りたがるし、はっきりとした理屈や言葉での説明が必要になったりする。
なんだか分からないモノ理解できない事は、無理矢理、自分の考えに合わせている。
でも、世の中には分からない事は沢山あって、理解出来ない事の方が多いのではと思う。
どうして?何故?と思う出来事の方が多い。それを訳を知ろうとするのは困難で時々自分を苦しめる。
自分の事ですらよく分からない時があるのに、他人の事は分かるはず無い。

以前は、生きてこそだよ、と思っていたけど、そんなに簡単なものじゃない。
天使のように良い人ほど、病気になったりするんじゃないかな。
ならば悪い人間で居た方が良いな、なんて思ったり。
何が正しいとか、もうあまり決めてはいけないのかもしれない。とそんな事をグルグル考えて最近は夜は不眠気味です。
94D2C362-1F27-4F69-B536-E30FA09C80C9



kirinrin713kumiko at 19:44│Comments(0)無題 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
展示中@八重洲T-BOXギャラリー今年もあとすこし