水彩、色鉛筆

2020年05月02日

フィレンツェのバラ園

イタリアのフィレンツェに滞在していた時によく訪れていたのが、ミケランジェロ広場近くの薔薇庭園です。
ほとんど観光客は居なくて、イタリアの人達がのんびりと過ごす場所です。
0FF2C5DB-22F0-4AE7-BAD2-5FC6034C82ED

E664BDCD-C994-4C62-9F05-7D69C0B5F725


緑系の色鉛筆を総動員して描いてみました。
東京は初夏の気配で、緑がきれいな季節ですが、とりあえず今しばらくはステイホーム。
緑の絵を描いて、気持ちだけでもバラ園へ。

でも、良くよく考えたらゴールデンウィークはだいたい毎年、テンペラ画の講習会に通うので、あんまり外出した記憶は無いんですけどね。
とはいえ、自粛生活が続いて本当に精神的にも参ってしまいます。
早く収束して欲しいです。

kirinrin713kumiko at 21:19|PermalinkComments(0)

2020年01月08日

2020年

23BDC8FF-1A18-4AE0-964D-311C8A770F4F


2020年になりました。
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

この冬は珍しく風邪もひかず、なんとか元気です。年末はずっと家の大掃除をしていました。
ヘトヘトになるまで掃除したのに、見た目が全く変わらずで、ガックリ。
理想的な家にするには、根本から直さないとですね。

今年の抱負も考えていたのですが、やっぱり健康第一です。
あとは小さな目標を持って、一歩一歩クリアしていけてらと思います。
とにかく、今年も無事に乗り切りたいですね。

F2E12861-81AD-4C85-BE68-A2D86F3DC7B1




kirinrin713kumiko at 14:49|PermalinkComments(0)

2019年11月17日

小さな下地とサンタマリアノッヴェラ

今年はゆっくり、少しづつ冬に近づいていくような感じで、寒さもまだ緩やかです。
寒がりなのでありがたい。
秋の気候は下地を作るのに向いているので、テンペラ画の小品な下地を作りました。
591B5B50-FA96-41EE-AD44-99830FCDCDC3


何を描こうかまだ全然浮かびませんが(´-`).。oO
手のひらサイズの絵を描くのは難しいけど、出来上がると嬉しいです。

その前に最近は不透明水彩で描いています。
不透明水彩絵の具はかなりテンペラ絵の具に似ていて描きやすです。
両方をうまくミックスして描けないかなぁと考え中です。
D34E705E-21E4-473C-8B4D-29638866E8FF


イタリアのフィレンツェの中心にある教会でサンタマリアノッヴェラ教会です。
駅前にあって、色々な思い出のある教会です。
教会前のカフェがぼったくりです笑笑



kirinrin713kumiko at 16:50|PermalinkComments(0)

2019年07月12日

季節外れの。。。

最近、水彩絵の具、色鉛筆を使って描くことが多いです。

先日、水と緑をテーマに描く機会があり。。。
イメージ 1
イメージ 2



季節外れの桜の絵イギリスのコッツウォルズ。

紙がなんとも好きです。これはアルシュを使いました。


kirinrin713kumiko at 13:51|PermalinkComments(0)

2018年11月06日

フィレンツェの教会

イタリアのフィレンツェにはたくさんの教会があります。
どの教会もそれぞれ、魅力があって落ち着きます。

中心街から少し離れたアルノ川沿いにあるS.Frediano〔サンフレディアーノ〕教会はポンテベッキオのような観光客のいない普通の橋から綺麗に見える教会です。
よく橋の上からスケッチしました。

改めて水彩色鉛筆と色鉛筆で描いてみました。
イメージ 1
描いていて、懐かしい気持ちになりました。

ところで、おまけの話ですが、
先日、といってももう先月の話ですが、東美アートフェアというものに行きました。
イメージ 2

全国から様々な美術商が集まる展示販売の場です。
漆工芸品や仏教古美術が好きで見るだけですが、買ってる人を横目で見るのも楽しく笑
1人でフラフラ見ていたら、新聞社の方に声かけられ、展示会の記事用に写真に撮らせて欲しいと。
あれこれポーズ?も頼まれながら写真を撮られて、恥ずかしながら載ってました。

イメージ 3





kirinrin713kumiko at 11:00|PermalinkComments(0)