伝統芸能

2012年12月05日

勘三郎丈

イメージ 1

勘三郎さんはいつも舞台に全身全霊をかけていた。常に現状に満足せず、高みを目指し、観客を喜ばすことに精一杯だった。正統な歌舞伎からみたら、だいぶカタを外し冒険をし、時に過剰なところもあったかもしれない。でも、誰もが楽しめる笑いやエンターテイメント過多の裏に、勘三郎さんが歌舞伎を閉ざされた狭い世界にしてはいけないという、危機感を持ち、ある覚悟と犠牲を伴い、演じていたように思う。
早過ぎる死は、正に命を削った舞台の数々の証で、私は、何度となく、その舞台からパワーや元気を貰っていたのに、、まだ全然何にも、活かせていない。
何年も前の浅草の平成中村座公演で、私はお茶子のアルバイトをした。
タダで舞台が観れるかもという、安直な考えもあったけど、本当は何より、自分の家のご先祖が浅草に歌舞伎小屋があった江戸時代の頃から、商売がら縁があると知って、私も今の時代で浅草で復活した歌舞伎小屋に関わりたいと思ったから。
お茶子バイトは想像以上ハードだったけど、歌舞伎に関わる人々の舞台にかける真剣勝負な姿を垣間見えたのは、凄く勉強になったし、美術とはまた違う華やかで刹那的な世界に、憧れを感じた。
テレビや舞台では、気さくで明るいイメージだけど、舞台裏の勘三郎さんは、常に張り詰めた緊張感があって近寄り難い、厳しいオーラを感じた。年がら年中続く公演の毎日で、心底リラックスできる日は一年のうちに何日あるんだろう?と思った。
それでも、勘三郎さんは、アルバイトのお茶子達のことも常に気遣っていて、分け隔てなく見ていてくれるのには本当に驚きだった。あらゆる人の立場になって考えている情の厚い方だった。その懐の深い人柄に、勘三郎さんと接した人は皆、ファンになる。そういう絶大な魅力を持った方だった。
大晦日には除夜の鐘を、襲名のお練りも浅草だった。浅草の人間にとって勘三郎さんが居なくなるのは本当に淋しい、いや、多分、勘三郎さんが公演した勘三郎さんが関わった日本国中の、世界中のあらゆる土地の人が悲しんでいると思う。
それぞれに大切な想い出があって、全ての人にとって、勘三郎さんは特別な存在だから。

目を瞑ると、鮮やかに浮かぶ。もう、観ることは出来ない、あの独特で魅力的でパワフルな舞台。

銀杏は中村屋の定紋で、こんな黄葉の美しい季節に逝ってしまうなんて、勘三郎さんらしい、と銀杏の葉が散るのを見て思った。
ご冥福をお祈り、、なんて儀礼的な言葉はまだ、書けないし書きたくない。
今は、ただ本当に悲しくて残念です。

イメージ 2



kirinrin713kumiko at 21:49|Permalink