練習用

2018年05月30日

萌葱の会絵画展

今日の5月30日から、上野のパークスギャラリーにて、アトリエフィオーレの生徒さん有志によるグループ展が始まりました。
イメージ 1

昨日が搬入作業で無事に展示して、日曜まで展示してます。
イメージ 3
イメージ 4

是非お近くにお越しの際はお立ち寄り頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

イメージ 5




kirinrin713kumiko at 13:01|PermalinkComments(0)

2011年04月13日

花のおわり

イメージ 1

イメージ 2

ちょっと用事があり 九段下へ。ついでに お堀の桜に立ち寄りました。だいぶ散り始めていました・とめどなく降る桜吹雪に圧倒。

kirinrin713kumiko at 19:07|Permalink

2011年03月24日

いま、思うのは

イメージ 1

イタリアやアメリカ、ドイツ、マレーシアの友人から今回の震災以来、お見舞いのメールを頂きます。その中に「あなたの町はFUKUSHIMAに近いの?放射能はきてるの?」とありました。
こんな形で福島県が世界中に知られる地名になってしまったのは本当に悲しい事です。
私はいつも「日本は今、全力を尽くしています!私達はどんな困難にも負けません。」というような内容を、少々の強がりと意地を込め、稚拙な外国語で返信をしています。
沢山のニュースが行き交い、不安と混乱とで心を乱している人は少なく無いです。恐怖を増長させる情報ほど人間は耳を傾けます。
関東から離れ西に退避される方々もいます。でも、小さな子供がいても原発に近くても、避難が出来ない人達も沢山いるのです。
どんな場所にいようとも、今はきちんとした情報を得て、過剰に反応するのではなく、冷静に判断し生活する必要があります。
そのうえで、出来る限りの事をし、一生懸命生きていくしかないのです。
私が言うまでもない、当たり前の事ですが…。

kirinrin713kumiko at 23:16|PermalinkComments(0)

2011年03月22日

3月の冷たい雨

イメージ 1

今日も寒い1日でした。Fioreレッスンですが節電実施中で多少のご不便を頂いておりますが、通常で行なっております。勿論、振替も可能です。その際はご連絡下さいませ。

最近、気のせいか揺れているような気がして、いつも「あ、地震?」と聞いてばかりいたのですが、ここ数日は朝から晩まで1日中、船の中にいるような目眩を感じています。
酷いときは机や何かに掴まっていないと不安、フラフラしてしまい気持ち悪くなったりします。
大袈裟、と笑われてしまうのですが、頭か耳の病気かも…と心配していたら 「地震酔い」という症状らしいのです。
地震による視覚情報と平衡感覚のズレやストレスが原因らしいです。
対処法は深呼吸や遠くの景色を見る、リラックスする事。ツボ押しや軽い運動など…と、ブログを書いている今もグラグラ揺れて、、あぁ気持ち悪いな、と思ったら 本物の地震でしたっ!

こんなに毎日、余震が続く中、被災地の人達は肉体的にも精神的にも極限状態なのではないでしょうか…。考えると辛く、申し訳ない気持ちになります。
せめて、少し春らしく暖かくなって余震が止まって欲しい‥願うばかりです。

kirinrin713kumiko at 18:49|PermalinkComments(0)

2011年03月21日

今日は、

イメージ 1

春のお彼岸です。西浅草は寺町なので、道にはお墓参りのために花を持った人達が行き交います。一年中賑やかな浅草も、ここ数日は人出が全く無かったので、久しぶりに賑やかでした。
東京都では都庁にて個人からの支援物資の募集が始まっています。
募集している物は決まっていて、飲料水や子供用品(オムツ、粉ミルク等)高齢者用品等ですが 反対に送られると困る物のリストに、古着・千羽鶴と並んで、絵とありました。
生きるか死ぬかの極限状態の時、芸術は無力、二の次です。祈りや癒しでお腹はふくれません。
絵を描く身としてはグサりと痛い事実です…が、それでも、芸術や美術の持つ力が何か繋がっていく事を、意味、意義を。何が出来るのか、向き合って考えなくてはと思います。
余震で揺れるアトリエで ビクビクしながらも やっぱり淡々と制作し、祈るしかない日々です。

kirinrin713kumiko at 01:37|PermalinkComments(0)